【中高生必見🌟】学年400人中1位を取り続けた勉強法とは?📝 | 100番台から1番になった点数の上げ方🔥【定期テスト勉強法】

みなさんこんにちは、Pikeチャンネルです!

最新の勉強法まとめはこちら
☞https://youtu.be/Y-W7s0jW5d4

今回は高校当時に僕が実際にしていた勉強法をご紹介させていただきました。とは言いつつも、動画にもありますように、かつては、頑張ったのに、数学Aで43点という赤点にも近い点数を取っていたほどの実力でした。ただ、自分のやり方を確立していくことで、なんとか学年1位にのぼりつめることができたことを考えると、やはり自分の努力次第で、嫌な状況・局面を打破することは決して不可能ではないことなんだなと実感できます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お仕事のご依頼やお問い合わせはこちらにお願いします。📩
☞pikechannel1610@gmail.com

おすすめ動画はこちら☘
☞ https://youtu.be/f1TGBgZu5-g

チャンネル登録はこちら💫
☞https://www.youtube.com/channel/UCie_lMmVD6grUq3VSmWbEWQ

メンバーシップ登録はこちら🌟
☞https://www.youtube.com/channel/UCie_lMmVD6grUq3VSmWbEWQ/join

instagramのアカウントはこちら📸
☞ https://instagram.com/pike_youtube?r=nametag

Twitterのアカウントはこちら🕊
☞ https://mobile.twitter.com/pike_youtube

妹のチャンネルはこちら🍒
☞ https://www.youtube.com/channel/UCfr5EY-_ptvh2eRzm6qT_Ww

musicはこちら🎵
☞ https://www.youtube.com/channel/UCvjoc8M_tZKmelczU4EtKAw
☞ https://www.youtube.com/channel/UC_rwATcTU8oAsnJgaqOa3WA
☞ https://www.youtube.com/channel/UCNoN7dpdAlglcQWUn2pFjDA
☞ https://www.youtube.com/channel/UC-sGBpquT8KThBJ2ruLdg-Q

tags
☞#定期テスト#テスト勉強法#テスト対策

같이공부해요
공부브이로그

皆さん こんにちは  Pikeチャンネルです      今回は、テストの勉強構座をしていきたいと思います。

そうは言ってもですね 勉強法をご紹介するのにあたり

そもそも、僕の成績がいかなる程だった のかということについて

まずは説明していきたいと思います。

この成績表を見ていただければ分かると 思うのですが

入学後、最初に行われた中間テストにお て僕のクラス順位は10位でした。

1 学年の人数が約400人程で

10クラスありましたから、だいたい僕の 順位は学年100位ぐらいだったということになります。

それでも2年3年時に何とか頑張った結果、

学年一を取ることができました。

その結果として、名古屋大学に合格する ことができました。

今回一番伝えたいことを先に言っちゃいますと、普段の授業とテスト期間における勉強法に

しっかりと違いを持たせることこそが、成績アップへの一番の近道だということです。

とは言ってもですね、あくまでこれから伝えることはピケ流の考えですし

学校ごとによってテスト形式などが異なるので、そういった点をご理解いただけたらなと思います。

定期テストの点数なんて、どうでもいい。

模試の点数さえ取れてればいいんだ。

こういう風に主張している人は、周りにいないでしょうか。

そういう人がいたら、一切聞く耳を持たないでください。

成績や点数は、決して一直線に上がるものではありません。

基本を固めるための時期に耐えに耐えることで、うなぎのぼりに上がっていきます。

その上で定期テストというのは、基本の定着

つまり、土台作りとなるうえで、大きな役割を担っていますから、

模試の点数を上げたい人はまずは定期テストから頑張るといいと思います。

それでは早速国語の勉強法からまとめていきたいと思います。

まずは普段の授業から出来る事について説明します。

現代文では、まず漢字を確認します。

これはワークの漢字の問題の話ではありません。

すなわち

授業で習っている評論分や物語の中で、これがもし出題されてしまったら読めないな・

書けないなと感じたものを事前にチェックしておきます

国語というのは文字続きな授業になってしまうので、

僕自身どうしても飽きを感じたり、眠くなったりしてしまったことがありました。

ただこうした自主的な取り組みを作ることによって暇がなくなり集中力が続きやすくなりました。

ついでの感覚でもいいので

空白問題に備えて従ってやしかしのような

接続詞も一緒に確認しておけば、基本問題 なんてもはや敵ではありません。

次は古文についてです。

まずは、古文単語を覚えましょう。

ですが、昔の言葉ですからもちろん覚えにくさを感じてしまいます。

そこで僕は少しふざけて覚えるということをお勧めします。

例えばですがつらいという意味の牛という単語があります。

この場合ですと牛は辛い牛は辛いと唱えることによって簡単に覚えることができます

予習に関してを現代語訳や品詞分解をネットの情報を参考にしてて

パパッと終わらせてしまえばそれでで十分だと思います。

正直なところ今の状況物語の題名を検索してしまえば事業内容のほとんどが思ってます

その情報が間違っている可能性性は無きにしもあらずですですが

それこそこそ先生の授業を聞いてそのその間違いを一つ一つ訂正していけばいいいいだけです

緒同士は赤色単語は青色などと

色分けもしおおばば後に見返した時に売り手理解者制に予習なると思います

最後 は 漢文 です

漢分ではは分分ほど単語を重視されますので予習の際に白文や書下ろし分

加えてレ点や一二点を見ておけばそれで十分だと思います

また どの 文章 に どの よう な 文法 が 使わ れ て いる の か と いう こと も チェック できれ ば

もう 漢文 マスター に なれる こと 間違い ない でしょう

そして テスト 期間 に 入っ て から

ワーク だけ で は なく て 教科 書 の 下 へ 最後 に ある

脚注 の 問題 を 必ず 磨い て おく こと を お すすめ し ます

国語 は 差 が つき にくい 強化 だ と よく 言わ れ がち です が

だ から こそ その 少し の 差 に 大きな 価値 が ある ん だ と いう こと を 忘れ ない よう に し て おきましょう。

次 は 数学 に つい て です

普段 から できる こと と し て 予習は 欠かさ ず に する よう に し ましょう

予習 と いう 一手間 に よっ て 授業 復習 感覚 で 受ける こと が でき ます

そして 授業 や 演習 で 一度 解い て み て

もし わから なかっ たり 一 時期 で 解ける か 不安 に 思っ た 問題 が あっ たら チェック し て おき ましょう

こう する こと に よっ て テスト 期間 もしくは て 直 前 に なっ て 見返す べき 問題 と いう の を

ピックアップ し て おく こと が でき ます

テスト 期間 に 入っ て から ワーク に 取り組む の です が 基本 応用 が 終わっ たら もう 一度 基本 問題 だけ を 見返し

必ず 自力 で 解ける よう に し て おき ます

と は いっ て も です ね どう し て も 数学 が 苦手 な ん だ と いう 方 を 実際 に いらっしゃる と

思い ます

僕 自身 も かつて は そう でし た

そう いう 方 は 関係 の 切り替わり 武器 を めど に 基本 を 1 いや ゼロ から

本気 で 理解 しよう と し て み て ください

この 意識 だけ で 本当 に 変わり ます

次 は 英語 に つい て です

英語 の 基本 が 英 単語 に ある と いう の は 皆 さん ご 存知 だ と 思い ます

ただ それ を 覚える 上 で JtoE/EtoJ を 意識 す べき です

日本語英語 どちら で 問わ れ た と し て も 応え られる と いう の から 基礎 と です

ここ で 僕 なり の 英 単語 を 覚える コツ を ご 紹介 し ます

それ は 語源 や 成り立ち を 知る こと です

例えば discover と いう 端 を 否定 の 意味 の ディス と 隠す 覆う と いう 意味 の カバー から 成り立っ て い ます

その 意味 と フック し て いる もの が なくなる すなわち 発見 です

雨 知識 感覚 で 印象 に も 残り やすい の で 本当 に この 覚え 方 は オ ススメ でき ます

また 余裕 の ある 人 は 田んぼ の 初 の アクセント も チェック できる と 最高 です

そして 本文 の 音読 は 必須 です

声 に 出す こと で ない よう な 理解 が 深まる だけ で なく

テスト 本番 で も スラスラ 読み解ける よう な 速 さ を 身 に つける こと が でき ます

最後 は 理科 や 社会 の よう な 暗記 還付 に つい て です

こちら は 僕 が 世界 史 の 内容 紙 に まとめ た もの を 一部 です

年間 で 同じ よう な もの を 焼く お 薬 枚 ほど 作り まし た ただ 皆 さん は 効率 が 悪い

バカ な やり 方 だ と いう よう に 感じる か と 思い ます そう もう の が 正解 です

ただ 僕 自身 は これ を すごい 楽しみ な 等 まとめ まし た し

その おかげ で 受験 期 以降 の すべて の 世界 史 の テスト を し に おい て

90 点 を 下回っ た こと は あり ませ ん

すなわち 暗記 科目 に おい て は 大事 な の は 自分 なり の 覚え 方 を 確立 する と いう こと です

自分 の 中 の イメージ カラー に 合わせ た 色 開け

絵や図 を 用い た まとめ 方 と いう の を 見つける こと を お 勧め し ます

以下 に 楽しみ ながら 暗記 できる か どう か と いう こと が 重要 に なる と 僕 は 考え ます

以上 ピケ 流 の テスト 勉強 方法 の ご 紹介 でし た 最後 まで ご 視聴 ありがとう ござい まし た

勉強法カテゴリの最新記事