Ecomフランス語リスニング教材1月号

フランス語学習者のために、オンラインでフランス語の耳を鍛えるために、毎月旬の話題と楽しいトピックでpodcastをお届けしていきます。
Season talk: La galette des rois
Culture talk: フランスのじゃんけんぽん について
生のフランス文化に触れていきましょう。
提供:イーコミュニケーション

♪役立つコンテンツ一杯の下記SNSもお薦めします!
是非フォロー、いいね、+1などよろしくお願いします。
Facebook: http://www.facebook.com/ecomfrench
Twitter: http://www.twitter.com/ecomfrench
Google+: http://gplus.to/ecomfrench
Website: http://ja.myecom.net/french/

皆さまこんにちは!元気にお過ごしで
いらっしゃることを願っています。

2010年が皆様にとって良い年でありますよう願っています。
はい、そうですね、もう2010年になりました。

皆さまの会社では、どこもこの日本に
典型的な装飾があるに違いないと思います。

フランスでは、何をよく使うでしょうか?
ご存知ですか?

そうですね、1月にはクリスマスの装飾を
はずしますが、他のこともあります。

そのことについては後でシーズントークでお話しいたします。

今年のフランス語の勉強にむけて良い決心(抱負)
がおありであることを願っています。

では今月、1月には「la galette des Rois
(ガレット・デ・ロワ)」をご紹介いたします。

既にこのケーキについて聞いたことがありますか?

私たちは一般的に、1月6日行われる
公現の祝日ごろにこのケーキを食べます。

大抵、家族か友達と週末、とくに日曜日に食べます。

このケーキは、薄い層を重ねたパイ生地に、「la frangipane」
という名のアーモンドクリームを間にいれたものです。

では、少しこのケーキの食べ方をご説明したいと思います。

一般的に、いくつかに切り分けて、家族で
一番若い人がテーブルにつき、王様を決めます。

ケーキの中にはそら豆があり、この小さいもの、

自分のピースにそら豆があった人が王様となり、
この金色の厚紙でできた王冠をかぶります。

王様になった人は自分の王妃様を選ぶことが出来ます。

一般的にとても好きな人を選び、二人はとても満足します。

なぜなら、その日は王様と王妃様になるからです。

はい!本日は「la galette des Rois
(ガレット・デ・ロワ)」をご紹介いたしました。

さて、フランスの文化コーナーでは、
「le chifoumi」をご紹介いたします。

「le chifoumi」をご存知ですか?

では、私がやってみましょう。

石、ハサミ、紙、井戸。

そうですね!お分かりになったでしょうか。
「le chifoumi」はフランスのじゃんけんです。

きっと日本人なら、この遊びを
何度もしたことがあるでしょう。

しかしながら、「le chifoumi」は
ちょっとした特徴がみられます。

そうですね、3つの要素ではなく、
4つの要素があります。

石、ハサミ、紙と井戸です。

Le puits(井戸)が何かご存知ですか?

Le puits(井戸)とは以前、水を取りに行ったところです。

では、Le puits(井戸)についてのルールをご説明いたします。

Le puits(井戸)は石とハサミに勝ちます。
なぜならどちらも井戸に落ちるからです。

それに対し、井戸の上に載せた紙は
井戸に対し勝ち、井戸が負けます。

はい!これでフランスのじゃんけんのルールをご存知です。

ではフランス人のご友人と遊ばれることを願っています。

ではもう一回。

石、ハサミ、紙と井戸 はい!

本日は「le chifoumi」、つまりフランスの
じゃんけんをご紹介いたしました。

はい!本日は以上となります。

このビデオを楽しまれましたこと、そしてたくさんの
新しいことを学ばれましたことを願っています。

私は、2010年が皆様にとって良い年で
ありますことを願うばかりです。

そして皆さまの決心(抱負)が
全て実現しますことを願っています。

はい!フランス語の勉強がんばってくださいね。
また新しいポッドキャストですぐにお会いしましょう!

初心者カテゴリの最新記事