【日本語会話】だんだん / どんどん / しだいに / 徐々に の違いがわかりますか?

「だんだん」「どんどん」「しだいに」「徐々に」。違いはなにか、みなさんはわかりますか?もし、使い方を間違えてしまうと、日本人とのコミュニケーションで問題になるかもしれません!この動画を見て、4つの言葉を使い分けられるようにしましょう。

===================================
日本語学習プラットフォーム Meshclass
===================================
Meshclassでは、日常会話・ビジネス・JLPT・留学・日本語入門など幅広い学習目的に対応した様々な日本語コースを提供しています。提供している日本語学校や日本語教師は、全て日本語を教える資格を持っているので、コースは質の高いものばかり!自分に合ったコースを、ぜひMeshclassで見つけてみませんか?
https://meshclass.com/ja

#徐々に #次第に #どんどん #段々

みなさん、こんにちは!日本語教師の手塚です。

今日は、「だんだん」「次第に」「徐々に」「どんどん」

という4つの言葉を勉強したいと思います。

まずはこんなビデオを見てみましょう。

手塚先生、こんにちは。

こんにちは。

手塚先生、最近徐々にきれいになりましたよ。

徐々に?

会議のスライド、どんどん作ってね。

はい、分かりました。1週間後でいいですか?

いや、できれば、明日までにほしいんだけど。

でも、手塚さんは、「だんだん作って」と言いました…。

はい、

「徐々に」「だんだん」「どんどん」を間違えてしまうと

こんなふうに日本人との会話やコミニケーションで、問題がありますね。

ですから、今日は、4つの言葉の違いを勉強して

もう間違えないようにしましょう!

まず、4つとも同じルールがあります。

違いを見る前に、そのルールを確認しましょう。

①「だんだん」「次第に」「徐々に」「どんどん」どれも

時間と共に良い/悪い変化が起こることです。

ですから、「~ていく」「~てくる」「~ている」など

変化の文法と一緒に使います。

②動詞の「います」「あります」は使いません。

例えば、「夜になって、だんだん星があります。」はダメです。

「夜になって、だんだん星が出てきました。」とか

他の動詞と変化の文法を使いましょう。

③イ形容詞・ナ形容詞だけと一緒に使いません。

例えば、「子どもはどんどん大きいです。」はダメです。

イ形容詞・ナ形容詞が言いたい時

「くなります」「になります」などを使います。

「子どもはどんどん大きくなります。」が正しいです。

では、このルールに注意しながら、それぞれの違いを確認しましょう!

1つ目は、「だんだん」です。

「だんだん」は、漢字で書くと、こうです。

この漢字、見たことがありますか?

そう、階段の「段」ですね。

ですから「だんだん」の意味は

階段の形のように「少しずつ、変わること」です。

たとえば、

9月になりました。

先週は25℃、今週は20℃、来週は15℃です。

9月になって、だんだん涼しくなりました。

N5の語彙です。N4の語彙です。N3の語彙です。

JLPTの語彙がだんだん難しくなってきました。

このように、少しずつ変わるとき、「だんだん」を使います。

2つ目は「しだいに」です。

「しだいに」は、漢字で書くと、こうです。

この漢字は「次」ですね。

ですから「しだいに」の意味は「次々と、少しずつ変わる」です。

「だんだん」と意味は同じですが

「だんだん」は話す言葉、「次第に」は書く言葉です。

たとえば、

今晩、6時には、少し雨が降ります。8時には強い雨が降ります。

10時には、風も吹いて、雷もなります。

今晩、しだいに天候が悪化するでしょう。

1980年です。2000年です。2020年です。

生活は次第に豊かになってきました。

このように、少しずつ変わるとき

そして、書く言葉の時「しだいに」を使います。

3つ目は、「どんどん」です。

「どんどん」は、漢字がありません。

ですが、「どん」は「いきおいがいい様子」です。

ですから「どんどん」の意味は

「早く、たくさん変わること(さかんに、いきおいよく進むこと)」です。

たとえば、

1980年です。2000年です。2020年です。

この国の人口はどんどん増えています。

最初、10個売れました。100個売れました。1000個売れました。

新商品がどんどん売れている。

このように、「早くたくさん変わる」とき、「どんどん」を使います。

4つ目は「徐々に」です。

「徐々に」は、あまり、ひらがなで書きません。

だいたい、いつも漢字で書きます。

そして、この漢字には、「ゆっくり」という意味があります。

ですから「徐々に」の意味は「ゆっくりゆっくり変わること」です。

たとえば、

目的地です。少し、近くなります。少し、近くなります。

目的地が徐々に近くなっています。

入院しています。ゆっくり、少しずつ体調がよくなってきました。

徐々に、体調がよくなってきました。

このように、ゆっくり変わるとき、「徐々に」を使います。

ここまで、4つの表現を学びました。

「わかってきた」を使った例文で、復習しましょう。

「①だんだんわかってきた」は、少しずつ分かること。話す言葉です。

「②しだいにわかってきた」も、少しずつ分かること。書く言葉です。

「③どんどんわかってきた」は、早くたくさん分かること。

「④徐々にわかってきた」は、ゆっくりゆっくりわかること、ですね。

Meshclassでは、日本語会話の練習ができます。

日本人の先生たちと話すと、どんどん日本語が上手になりますよ。

ぜひ、私たちと一緒に日本語を勉強したい!という方は、コメント欄をチェックしてくださいね。

そして、この動画がいいと思ったら

いいねとチャンネル登録よろしくお願いします。

それでは、また次の動画でお会いしましょう!

初心者カテゴリの最新記事