英語、中国語、あらゆる語学に役立つ脳内占有学習

http://www.youtube.com/watch?v=hJzLW2PX53U

●楽天、ユニクロ、続々英語公用化宣言!

2010年6月、楽天が、英語を公用語にしたというニュースが大きく
とりあげられました。

続いて、ユニクロも英語を公用語にすると宣言!

さらには、トヨタ系列のデンソーは、管理職になるためには、2カ
国語の習得を必須にすると発表!

2010年は、企業の「語学力必須化」が本格的に動き始めた年という
ことができるかもしれません。

これまでも、ニッサンなどにおいて、英語の公用語化の動きはあり
ました。

●企業が本格的に英語力を重視する時代へ

しかしここにきて、その動きは、1社、2社だけのものではなく、
一つの大きな潮流になりつつあるように思います。

実は、アクティブラーニング社にも、今年に入って、複数の大手
企業から、英語プログラムの導入の相談を受けております。

単なる語学講師の派遣などではなく、より抜本的に、社員全員の
英語力を上げる方法について、グランドデザインの設計を希望さ
れているというところが特徴です。

注)アクティブラーニングでは、「学ぶ技術・成長の技術」のみ
  ならず、ハーバード大学での指導体験をもとに、語学教育の
  設計支援を行っており、既に大学や企業などに導入され、大
  きな成果をあげています。

●語学習得には、徹底的な集中学習が必要

さて、そこで我々が企業・人事の方々に伝えていることをお話し
ましょう。

日米20年以上に渡る語学指導の経験から言えることは、週一、二
回程度、語学教室に通う程度の勉強であれば、やらない方がいい
ということです。

語学は、ある一定期間、集中的に実施すべきです。

繰り返します。

語学習得を目指す場合は、生半可な形ではなく、ある一定期間、
徹底して、その対象言語の「脳内占有率」を上げることが重要な
のです。

●通勤、通学のスキマ時間を使えば、効率学習が可能!

だからといって、苦行のように、すべてを捨て勉強せよといって
るのではありません。

鍵は、1日の生活の中で、覚えたい言葉を自然に、脳に触れさせ
るような工夫をすることです。

通勤、通学、喫茶店、あるいはエレベーターに乗った時やトイレ
に入るとき、多くの「スキマ時間」があります。

これを徹底活用するだけで、驚くほど学習の効果を上げることが
可能になります。

続きは動画で!

==========================================================
<関連動画>

▼視聴対象者:個人一般・・・ ~脳内占有率を上げる part1~
タイトル「だめなヤツでも伸びる方法がある!」
URL⇒ http://www.youtube.com/watch?v=YUiMafSLk5E

▼視聴対象者:企業関係者・ ~脳内占有率を上げる part2~
タイトル「社員にメッセージを定着させるには?」
URL⇒ http://www.youtube.com/watch?v=zE5GS71JwoE

▼視聴対象者:教育機関・関係者・ ~脳内占有率を上げる part4~
タイトル「学生がやる気を出すPBLとは?」
URL⇒ http://www.youtube.com/watch?v=jtqp2Et-i7k

========================================­=================

▼過去の「Active LearningTV」の映像はこちら!
http://www.youtube.com/view_play_list?p=C68C3DA8EE19BB16

▼株式会社アクティブラーニング 公式ホームページ
http://www.als.co.jp/

▼好評発売中!!アクティブラーニングDVD 全15本
http://www.als.co.jp/al-live/dvd/top.html

========================================­=================

勉強法カテゴリの最新記事