【もう迷わない!】中国語の語順がパッと暗記できる最強の覚え方を紹介!品詞の文法を勉強して初心者を卒業しよう

【もう迷わない!】中国語の語順がパッと暗記できる最強の覚え方を紹介!品詞の文法を勉強して初心者を卒業しよう

中国語の基本の語順について初心者さん向けに動画を作りました。
【訂正】
2:26
(誤)你 (私)
(正)你(あなた)

5:58 日本語訳
(誤)彼は今日学校へ行きますか?
(正)彼は私と学校へ行く

【関連動画】
形容詞( https://www.youtube.com/watch?v=Y3e3fvEh3sA&t=152s )
介詞( https://www.youtube.com/watch?v=zWAGDDwv8qM )
助動詞( https://www.youtube.com/watch?v=ATxuFQXhPFc )
了( https://www.youtube.com/watch?v=7xsvDmiRwy4 )
也( https://www.youtube.com/watch?v=coNxHCv2SAk )
的( https://www.youtube.com/watch?v=k_HI_wdw9tM&t=34s )
接続詞( https://www.youtube.com/watch?v=FW0tj91RO6c )
量詞( https://yuki-china-blog.com/ryoshi/ )

【チャレンジ問題の答え】

※全ての文法動画はこちらの再生リストにまとめています

この動画がいいなと思ったら、ぜひチャンネル登録お願いします!→ https://www.youtube.com/channel/UCBOAu-K5ruyP4IY9TLCF1iQ?sub_confirmation=1

ーーーーもくじーーーー
0:00 intro
0:03 中国語の語順について
0:39 語順の基本
1:05 主語+形容詞
2:01 主語+形容詞の応用
2:57 チャレンジ問題
3:06 主語+動詞
3:42 時間詞の使い方
4:22 語気助詞の使い方
5:22 介詞の使い方
6:20 助動詞の使い方
8:02 量詞の使い方
9:10 時間詞と時間量詞の違い
10:16 副詞の語順
10:32 副詞の使い方①
10:57 副詞の使い方②
11:40 副詞の使い方③
12:42 接続詞の語順
13:31 練習問題
15:02 まとめ
ーーーーーーーーーーー

ーーーーーSNSーーーーー
【無料メルマガ】←new!!
ブログでもYouTubeでも話さないちょっとした小ネタをシェアします。
https://yuki-chinese.com/p/r/Yo2iRh9d/?youtube

【ブログ】:マイクロ中国
中国語学習・資格・中国留学について書いています。
https://yuki-china-blog.com​​​

【Twitter】:@yuki_chinese

【Instagram】:@yuki_china_blog
https://www.instagram.com/yuki_china_blog/

【mail】
yuki.fudan@gmail.com
ーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーゆうきのプロフィールーーーーーー
都内理系大学に通う大学院生。専攻は脳神経科学。
YouTubeで中国語を始め、SNSを使って独学。特にネットを使った中国語の勉強が得意です。
詳しいプロフィールはこちら

マイクロ中国の運営者情報【yukiのプロフィール】


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中国語の語順は、主語+述語というセットから構成されます。
この主語+述語の組み合わせには、主に2つの種類があります。
・名詞+形容詞
・名詞+動詞

中国語は、このような語順が基本骨格となってこれにいろんな単語がくっついてくるので、まずはこの基本骨格を覚えておきましょう。

まずは、主語+形容詞の文について復習しましょう。形容詞の文の肯定文では、形容詞の前に副詞をつけるのが一般的です。

それでは、主語+形容詞の文にいくつかの単語を付け加えてみましょう。
この時の語順は、次の通りになります。
時間詞+主語+時間詞+副詞+形容詞+語気助詞

まず、時間を表す単語が主語の前、または後ろに置かれます。
そして副詞は形容詞の前につけて語気助詞というものが文末につきます。

それでは、主語+動詞の語順について紹介します。主語+動詞の文は、目的語を持つものと持たないものがありますが、語順のルールはどちらも同じです。主語+動詞+目的語の文では、次のような語順のルールがあります。
時間詞+主語+時間詞+副詞+助動詞+介詞+副詞+動詞+目的語+語気助詞

それでは、一つ一つの品詞について詳しい使い方を復習しましょう。

まずは時間詞についてです。
時間詞とは、日時を表す名詞のことです。時間詞は、主語の前後におかれます。
主語の前に時間詞をおくと、強調するニュアンスになります。
時間詞は名詞でもあるので、時間詞を主語として文を作ることも可能です。

続いて、語気助詞について紹介します。
語気助詞とは、文末につけていろんなニュアンスを表す単語です。語気助詞は常に文末において使われます。
語気助詞はそれ自体でかなり面白い文法なのですが慣習的な使い方もあって、本質的に理解するのはちょっと難しいのでフレーズとしてまるまる覚えちゃうのもおすすめです。

続いては、介詞について紹介します。
介詞とは、名詞の前後において使われる単語のことです。
介詞は、このように名詞とセットになって動詞の前に置くのがルールです。
特に在は場所を表す名詞とセットになって動作が行われる場所を表す有名な介詞なので、必ずチェックしておきましょう。

続いて、助動詞について紹介します。
助動詞とは、動詞のサポートをしてくれる単語のことです。
助動詞は主に動詞の前に置かれます。また、中国語では1つの文に2つ以上の助動詞をつけることができます。
また、この例文で登場した会〜的は、助動詞としてかなり有名な構文なので、要チェックです。

続いて、量詞について紹介します。
量詞とは、文字通り数量を表す言葉のことです。
中国語では、量詞は名詞の直前につけるのがルールとなっています。

量詞は全部覚えるのはすごく大変なので、よく使うものだけをピックアップして覚えるようにしましょう。

最後に、副詞について紹介します。
副詞とは名詞以外を説明する言葉のことです。
中国語では副詞の語順がいちばん種類が多く、副詞の中でもさらにカテゴリーを分けて考える必要があります。
副詞には、次の3つの種類がありました。
1つ目は文頭に置くもの
2つ目は主語の近くに置くもの
3つ目は動詞の近くに置くもの
全てに共通する考え方としては
副詞はどの部分に焦点を当てているかによって、置く場所が変わるということです。

これに関しては、それぞれの副詞が持つ意味から考えないといけないので覚えるのに少し時間がかかる部分です。
おすすめの勉強法は、新しい副詞が出てきたら例文を確認することで
その副詞が、どの部分に焦点を当てているのかをチェックしましょう。

【参考文献】
中国語の語順指導について(神奈川大学)
https://core.ac.uk/download/pdf/291677351.pdf
中国語語順体系に貫かれた 構成原則について(拓殖大学言語文化研究所)
https://takushoku-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=65&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

ーーーー使用機材ーーーー
【マイク】Blue Microphones Yeti( https://amzn.to/3e9Lzaq )
【編集ソフト】Final Cut Pro X / Vyond
【パソコン】MacBook Pro
ーーーーーーーーーーーーー

初心者カテゴリの最新記事