【中国語検定3級】リスニング頻出問題#1

#中国語検定#中国語検定3級
==========
【创造营CHUAG2021】

==========

コロナ禍のため、大学の対面授業ができず、少しでも大学のオンライン授業の補助になれば
と思い動画を作り始めました。まさかたくさんの方々が見てくださるとは思わずとても嬉しい
です。今後も中国語の学習者に少しでもお役に立てるよう、より良い動画を作って行きたい
です。どうぞよろしくお願いいたします。
=========
~中国語検定リスニング試験について~
 すべての級にリスニング試験と筆記試験があります。4級以上はそれぞれ合格基準点があります。4級はリスニングも筆記も100点満点中60点、3級はそれぞれ65点以上取らなければなりません。
 3級のリスニング試験の形式は3つ:AB対話、ABA対話、内容理解の形式です。
◆AB対話形式(3級の第1問の(1)~(5)がこの形式)
 「問題文を聞いて、それにふさわしい返事を選ぶ問題です。」
・配点は1問5点で、3級は合計25点。(3級の第1問の(1)~(5))
・問題文と選択肢はそれぞれ2回読まれる。
・4つの選択肢①~④の中から1つ選び、その番号を解答欄にマークする。

◆ABA対話形式(3級のみ、3級の第1問の(6)~(10)がこの形式)
「3級の第1問の(6)~(10)は、AとB2人の対話、Bの発話に続くAの返事として、最も適当なものを選ぶ問題です。」
・配点は1問5点で、3級は合計25点。(3級の第1問の(6)~(10))
・1つの文に対する返事を選ぶ問題ではなく、AとBの対話の流れを理解する問題。

◆内容理解形式(2つの文章)
「3級の1つは対話文で、もう1つは文章です。」
・質問文も問題用紙に書かれていない。
・かなり聞き取る力が求められる。

※今回の動画は3級のABA対話式の頻出問題です。
ご視聴ありがとうございます!

勉強法カテゴリの最新記事